木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【Netflixが緊縮政策!】今年の支出を30億円カット

【Netflixが緊縮政策!】今年の支出を30億円カット

Netflixは、The Wall Street Journalからの新しい報告によると、今年は支出を3億ドル削減する計画を立てています。報告書は、ストリーミング巨人がコスト削減を求めている主な理由が、アメリカを含む他の地域で最初の四半期から第二四半期に計画を遅らせたため、その後の収益は今年後半になると予想されているためであることを示しています。

同社は今月初めに従業員に、採用などの関連費用にも注意して支出を削減するように促しましたが、雇用の凍結や追加の解雇はないと明記しました。

Netflixの広報担当者はコメントを控えました。

Netflixは、今年、コストを3億ドル削減する予定ですが、これは同社の全体的な費用のごく一部にすぎません。例えば、去年のNetflixの運営費用は約260億ドルでした。

ストリーミング大手は年初の1四半期に予想を上回る売上高を上げましたが、先月の予想は期待を下回りました。Netflixは、2023年に目指すフリーキャッシュフローの金額を3億ドルから少なくとも3.5億ドルに引き上げました。

Netflixは、収益を増やすために新しい方法を模索しています。同社は、今年初めにカナダ、ニュージーランド、ポルトガル、スペインでパスワード共有の取り締まりを開始しました。これらの国では、Netflixは支払いユーザーにアカウントの主要な場所を設定するように求めています。共用する人がいる場合は、Netflixは「追加メンバーを購入する」と警告します。Netflixは、国によって異なる料金でアカウントあたり最大2人の追加メンバーを許可します。

さらに、同社は昨年11月に「Basic with Ads」という新しい広告付きプランを発表しました。そのプランは月額6.99ドルで、Netflixのプレミアムプランより13ドル安く、スタンダードプランよりほぼ9ドル安く、ベーシックプランより3ドル安くなっています。このプランにより、NetflixはDisney+、Hulu、HBO Max、Paramount+、Peacockなど他の主要なストリーミングサービスと競合しています。

去年、Netflixはコストを削減するために一連の人員削減を実施しました。2022年5月には、同社は約150人のスタッフを解雇しました。その後1か月後、同社は当時の従業員の約3%にあたる300人を解雇しました。その後、Netflixは9月にもアニメーション部門の30人の従業員を解雇しました。

Netflixのパスワード共有の取り締まりは、6月30日までにアメリカで実施されることが予想されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments