月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【オールインワン医療アプリ】GoogleがHealth Connect Platformをリリース!

【オールインワン医療アプリ】GoogleがHealth Connect Platformをリリース!

Google I/O年次カンファレンスにおいて、GoogleはHealth Connectに関するアップデートを発表しました。Health Connectは、ユーザーが健康データをストアし、プライバシー設定を一元管理できるプラットフォームです。Health Connectは現在ベータ版で提供されていますが、年末に公開されるAndroid 14からは、Health ConnectがAndroidのコア機能として提供され、全てのAndroidモバイルデバイスに利用可能になります。

ユーザーは端末の設定から直接Health Connectにアクセスし、アプリケーションで健康データを共有する方法を管理することができます。

Googleは、エクササイズルート機能を追加しました。これにより、ユーザーはHealth Connectを通じてワークアウトの地図を共有することができるようになります。同社はまた、月経周期の記録をより簡単にする機能も追加しました。Googleによれば、Health ConnectのアップデートはGoogle Playシステムアップデートを通じて提供され、新しい機能を頻繁に更新することができます。

Peloton、Withings、Ouraなど、既に100以上のアプリがHealth Connectに統合されています。Health Connectは、ユーザーの中央プライバシー制御を提供する一方で、対象プラットフォームから健康/フィットネスデータを同期し、他のアプリが同意してこのデータにアクセスできるようにします。これにより、開発者は以前、異なるアプリ間でデータを共有するために複数のAPI接続を確立する必要がありました。この制限は、開発者のデータ共有機能を制限し、ユーザーが異なるアプリで利用するためにこのデータをアクセスできない原因となりました。

また、Googleは今日、Health Connectとの連携により、1型および2型糖尿病の個人がMyFitnessPalアプリで直接グルコースデータを確認できるようにすることを発表しました。

さらに、Googleは、Wear OSデバイスのセンサーデータにアクセスするためのAPIサーフェースであるHealth Servicesについてもアップデートを発表しました。同社は、「Batching Modes」という新機能を追加し、ハートレートデータのデータ配信頻度を調整し、Home Gymの利用に対応するようにしたことを発表しました。同社は、ゴルフショット検出などの新しいAPI機能も追加しました。

Wear OS 4が今年後半にリリースされる予定であり、追加のHealth Servicesのアップデートも提供予定であり、背景でセンサーのパーミッションを改善する予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments