木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【アプリに革命!】GoogleがPlayストアにAI技術を導入!

【アプリに革命!】GoogleがPlayストアにAI技術を導入!

GoogleがAI技術をPlay Storeに持ち込みます。今週の開発者イベントであるGoogle I/Oにて、同社は開発者がAIを利用してAndroidアプリをビルドし、Play Storeで最適化するための方法をいくつか発表しました。自動翻訳やその他のプロモーション活動によってアプリの観客を増やすためのツールも提供します。

AIのアップデートは、Googleが全製品にAI技術を注入しようとする取り組みの1つであり、検索から生産性アプリ、コードライティングツールなどさまざまな領域で活用される予定です。これらのアップデートは、アプリの公開とプロモーションにどのようにAIが活用されるかを示しており、多くの人々が6月に開催されるAppleの開発者会議WWDCで同様のツールを導入するかについて想像を巡らせています。

AIアップデート

アプリ開発者向けの新しいAI機能の1つは、GoogleのPaLM 2モデルを使用して新しいPlay Storeリスティングのラフコピーを作成するというGenerative AIツールです。まずは英語で実験的な機能として提供されます。開発者がいくつかのプロンプトを入力すると、このAIヘルパーは自動的にラフコピーを生成します。このツールは、リストやユーザーの種類に応じて独自のカテゴリーのアプリ説明を生成するのにも使用できます。

この機能によって開発者がアプリの特徴をより魅力的に表現できる可能性がありますが、アプリのリスト作成の手間を簡略化することにより、より多くのアプリスパムを誘発するかもしれません。

Generative AIはユーザー支援にも活用されています。もう1つのAI機能である「ユーザーレビューサマリー」は、Playストアのレビューに残されたコメントから開発者のアプリに対するユーザーの感想をまとめて抽出します。初期段階では英語のみですが、Googleによると今年中に他の言語もサポートされる予定です。

さらに、開発者は機械翻訳ツールにアクセスでき、AIを活用して自分のアプリやPlay Storeのリスティングを10分程度で他の言語に翻訳できます。

新しいAIリストジェネレーターは、本日開発者に提供される予定です。

Playストアアップデート

AIによる機能は注目を集めますが、GoogleはPlayストアとその他の開発者向けツールの一連のアップデートも展開しており、アプリビジネスの成長を支援するためのものです。

50以上のカスタムストアリストを国や事前登録の状態に応じて作成できるようにする機能に関して、Googleはカスタムリストを使ってアプリビジネスを促進するために、ストアリストをインアクティブなユーザーにターゲティングすることができるようになることを発表しています。開発者は、Google Ads Appキャンペーンを使用して、Playストア以外のユーザーにカスタムリストを提供できるようになります。これに対応するために、Googleはストアリストグループを追加します。

Googleは、複数の価格オプションを提供できるようにするmultiple prices per billing periodや、User Choice Billing Pilot Programなど、新しいサブスクリプションオプションも提供しています。

PlayConsoleは、Promotional contentやin-app eventsの成果を追跡するためのreportingセクションを提供します。

上記のように、Playストア上でアプリ公開に加えてイベントや販売促進活動も行うことができるようになっており、ユーザーは自分が既に所有しているアプリについても新しいイベント情報や販売情報を知りたいと考えることがあるため、成熟したアプリストア市場に対応しています。

これらのアップデートは異なるタイミングで展開されます。何部分かは今後数日で利用可能となり、残りは年内に期待されます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments