金曜日, 2月 23, 2024
ホーム環境バンヤン、(より)持続可能な未来のための資金調達を解除したい

バンヤン、(より)持続可能な未来のための資金調達を解除したい

持続可能なインフラストラクチャー開発に関しては、技術が非常に進歩しています。しかし、それを実現するための資金が足りないことが問題です。なぜなら、このセクターの融資は依然として電子メール、スプレッドシート、様々な形式の文書などを使って手作業で行われるため、手間がかかり、スムーズさや持続可能性に欠けているからです。そこで、Banyan Infrastractureは独自のプロジェクト・ファイナンス・ソフトウェアによって持続可能なプロジェクト・ファイナンスを技術と一致させ、開発しようとしています。このため、2度目のシリーズB資金調達による2,500万ドルの資金調達を実施し、今後開発を進めていく予定です。Banyan Infrastructureは、より分散したソースから資金提供が行われることが多い小規模な商業・産業案件に特化し、手間と時間のかかるコーディネーションや適格審査(due diligence)などの効率化に取り組んでいます。使い勝手を意識したこのソフトウェアにより、銀行、投資家、開発者は、リスクとデータ管理のシステムを統合し、複雑なプロジェクトファイナンス取引を自動化し、追跡できるとしています。また、彼らの試算では、借り入れのたびに最大1,000時間以上の時間を節約できるとのことです。

手間がかかり時間がかかる手作業のシステムは、前時代的な石油およびガス投資にであっても、新しい、より環境に優しい、より持続可能な技術には投げ出せる余地はありません。商業および産業案件の資金調達は、通常1,000万ドル〜5,000万ドルの範囲で行われる傾向があり、より分散的なソースから提供されるため、コーディネーションや適格審査には時間がかかります。

Banyanは、プロジェクトファイナンスのコミュニケーションとモニタリングの非効率性を解決することを目指す目的専用のプロジェクトファイナンスソフトウェアを開発しようとしています。銀行、投資家、開発者が統一されたリスクおよびデータ管理システムで複雑なプロジェクトファイナンス取引を自動化し、追跡することができるようになるとしています。融資を処理するたびに最大1,000時間以上の時間を節約できると自負しているそうです。

煩雑で時間がかかる手作業のシステムからデジタル化されたローンとワークフローに切り替え、またそれに加え、お互いのことをよく知りあったり、リスクモニタリングや契約順守を自動化することで、Banyanは顧客の持続可能なインフラストラクチャー・ポートフォリオを急速に成長させ、私たちが2050年までに目指すネット・ゼロのターゲットを達成するために必要な、再生可能エネルギー・インフラストラクチャーへの31兆5,000億ドルの投資ギャップを縮小するのを手助けすることを目指しています。Banyan Infrastructureの共同設立者でCEOのウィル・グリーン氏は、TechCrunchのインタビューで、「持続可能なテクノロジーには標準化が欠けており、リスク回避型の投資家はこの比較的新しい業界で急速に動くことにためらいを感じています。弊社のソフトウェアは、トランザクションのコストを削減し、透明性を高めることに焦点を当て、プロジェクトファイナンスの速度とスケールを実現することが目的です。」と語りました。

さらに、Inflation Reduction Act(IRA)の導入に伴い、Banyanは、今がソフトウェアを推進するタイミングであると考えています。IRAの3690億ドルの政府資金注入は、クリーンエネルギー技術、製造業、イノベーションを支援および開発することを目的としています。セクターへの資金が増えているだけでなく、注目されることが多くなっているため、効率的に取引を追跡、モニタリングし、処理することは、これらの資金をより速くそして遠くに向かわせることができるようになるため、持続可能なインフラストラクチャへの投資がより魅力的なものになると考えられます。

「IRAからの3690億ドルの新しい支援が素晴らしいことですが、私たちは人間の容量を倍増するための技術がなければそれを展開できないと考えています」とグリーン氏は語り、「新しい機能を作成し、クライアントがアクションを実行するために必要なIRAおよびその他の機会を拡大するための準備ができていることを楽しみにしています。」と付け加えました。

シリーズBの資金調達は、クライメイト・ソフトウェア投資家のEnergize Venturesをリードとしたもので、新しい投資家SE VenturesとElemental Excelerator、そして既存の投資家であるVoLo EarthとUlu Venturesが参加しました。また、Banyanは、Energizeのパートナーであるフアン・マルドゥーン氏が取締役に就任したことも発表しました。

Banyanは、新しい資金の使途として、新しい才能を獲得することと、製品と成功・マーケティング部門に特に力を入れることを計画しています。Banyanは、国際展開を見据え、製品主導から営業主導に移行することも重視しています。グリーン氏は、「我々は新しい規制要件のベストプラクティスを築くために製品

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments