木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【人気写真共有アプリ消滅危機!】Poparazziサービス終了にファンが悲鳴!

【人気写真共有アプリ消滅危機!】Poparazziサービス終了にファンが悲鳴!

2021年にApp Storeでトップに君臨していた話題の写真共有アプリ「Poparazzi」が、サービスを終了させることが発表されました。先週のMediumのブログでアプリが廃止されることが通知され、ユーザーは自分のコンテンツをダウンロードできるのは2023年6月30日までとなっています。PoparazziのTTL Inc.の創設者らは、昨年、アプリのインストール数が500万を超え、シリーズAラウンドで1500万ドルの調達に成功したことを確認しています。

当初、Poparazziは瞬く間にバズったように感じられましたが、共同設立者兼CEOであるAlex Ma氏と弟のAusten Ma氏は、アプリを開発し、成功を収めるために3年かけて努力をしてきました。2022年のTechCrunchのインタビューで、Alex氏はその取り組みの中からPoparazziが実際に生成された11番目か12番目のアプリであったことを明らかにしました。TTYLという名称の会社は彼らが設立した(友達のためのClubhouseのような)オーディオ・ソーシャルネットワークが含まれています。

しかし、Poparazziはリリース後すぐに大きな話題を呼び、App Storeの1位に躍り出ました。アプリのコンセプトは、タッグ機能がInstagramの全体的な体験になるようにした、フォトシェアに特化したソーシャルネットワークでした。Poparazziでは、ユーザーが友達にタグをつけることはできますが、自分の写真を投稿することはできません。このアイデアにより、Instagramで満たされる完璧で洗練されたイメージではなく、人々の生活を構成するカジュアルな瞬間が表現され、よりオーセンティックなソーシャルネットワークが作成されることを意図しています。

去年6月、同社はベンチマークのサラ・タベル氏率いる15人のチームが2年以上のタームを持つと発表し、$2百万のシード資金調達を含むFloodgate、SV Angel、Shrug Capital、さまざまな天使投資家らの参加で1,500万ドルのシリーズA調達を確認しましました。

しかし、Poparazziが終わりを迎える可能性があることを示す兆候が出てきました。

2022年8月、TechCrunchでは、一連のコンテンツを友達のプロフィールに投稿するソーシャルネットワークのプロファイル作成のオリジナルコンセプトを進化させた「Made with Friends」という新しいアプリに、Poparazziのチームがかかわっていることが報じられました。テキストによる問題やプロンプトの回答、動画などのコンテンツを投稿できるアプリであり、それ以前からプレリリース版として提供されていたが、ApptopiaがTechCrunchに確認したところ、今年3月26日以降、App Storeから削除されたということです。

また、サービス開始後、Poparazziの使用状況にも鈍化の傾向があります。同社は、累計インストール数が620万件であると推定していますが、現在は400万MAUに達した後、2000~3000人のMAUしかないと報告されています。

Poparazziが今後どのような計画を持っているのかは明確にされていませんが、ブログ記事で同社は、シャットダウンの予定を確認し、コミュニティと支援者に感謝の気持ちを表明しています。

アレックス・マ氏は、「私たちは素晴らしい情熱を持ったデザイナー、エンジニア、マーケターの素晴らしいチームと共に、このムーブメントを実現するために恵まれています。そして、この素晴らしいグループの投資家たちがなければ、何も達成できなかったでしょう」と発表中に述べ、「私たちの旅を通じて私たちに示された支援と信念に、感謝の念を表します。Poparazziへのあなたの情熱と熱意は、私たちがしたすべてのことの原動力でした。心の底からありがとうございました。」と締めくくっています。

TTYL Inc.にコメントを求めましたが、回答は得られていません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments