月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【EVオーナー激怒!】テキサス州で年間200ドルのEV料金が課せられる!

【EVオーナー激怒!】テキサス州で年間200ドルのEV料金が課せられる!

アメリカの州では、自動車ユーザーからの課税を100年以上にわたって実施してきましたが、EVが普及し始めると、燃料補給ではなく充電をする場合、どうなるのでしょうか。

州議会は、EVオーナーに年間料金を課しており、彼らがまだ公共インフラに頼っているため、支払うべきだと主張しています。テキサス州は、ジョージア州、ミシガン州、オハイオ州などを含む十数州に続いて、このような税金を課す最新の州になる予定です。

テキサス上院は3月末にSB 505を可決しました。今週、同州下院は同様の法案を可決し、州知事のグレッグ・アボット氏の手元に送りました。法案の最新版は、低速の「近隣電気自動車」、オートサイクル、モペッド、バイクを除く、電気自動車の年間登録料金を200ドルに設定しています。法案には、「得られた料金は、州高速道路基金に預託しなければならない」と記載されています。

テキサスは、このような法案を進めるために孤立しているわけではありませんが、200ドルの料金は高く、ジョージア州と同じ程度になっています。年間50ドルのEV料金が最も低い州はコロラド州です(料金がない州を除く)。

現地メディアのKRLDに声明を出して、環境テキサスのディレクターであるルーク・メッツガー氏は、「200ドルの料金は過酷であり、テキサスの大気汚染を減らす上で極めて重要なEV購入を妨げ、テキサスでも採算が取れるこの清潔な自動車購入を阻害します。」と述べました。

電気自動車は、まだ多くのアメリカ人にとって買い手に合わない価格帯にあります。2022 年 9 月、ガソリン車の平均価格が48,094ドルであったのに対し、EVの平均価格は65,291ドルでした(Cox Automotiveから引用)。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments