金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【TinderのAI認証技術が拡大!】ビデオセルフィーでさらに安心の出会いを探そう!

【TinderのAI認証技術が拡大!】ビデオセルフィーでさらに安心の出会いを探そう!

Tinder(ティンダー)は本日、AI(人工知能)搭載のアップデートを用いて、写真認証機能を強化しました。この機能によって、ユーザーが他のユーザーに「私はボットでも猫魔ではないことを証明する」ことができるようになりました。以前は、ユーザーは指示通りにポーズを取った自撮り写真を提出し、ブルーチェックを受けることができました。今後は、Tinderは動画セルフィーの提出を求め、より一層認証プロセスを強化していきます。加えて、「写真認証機能が適用されたメンバーのみ」とチャットできる設定も近日追加予定です。

Tinderは、これらの変更がメンバーにとってより安全なアプリを目指す一環であるとしています。

しかしながら、AIツールを使用して偽の写真や人物を作成することが非常に簡単になったいま、フェイクアカウントを作成し、スパムの大量送りを行うボットユーザーで溢れてしまう恐れがあります。動画セルフィーによる「リブネスチェック」を要求することは、より強力な認証手段であり、詐欺師を見分けることができます。

Tinderは、動画セルフィー認証プロセスを代行業者と協力して行っており、自社で行うことはないとのことです。ただし、代行業者の名前は公表されていません。

新しいモデルでは、ユーザーは最初にいくつかのビデオのプロンプトに答え、AIがビデオ内に映っている人物が、自分自身のプロフィール写真に映っている人物と一致することを照合します。このプロセスでは、写真の立体的なマッピング(顔のジオメトリー)を用いて照合を行います。

3月3日より段階的に展開される更新版では、ブルーチェックを受けたいユーザーまたは既存の認証を維持したいユーザーは、動画セルフィーを提出しなければなりません。この新しい機能は、写真をアップロードする以前に必要であった手続きを完全に取り替えます。

また、写真から動画へのアップデートに加えて、後々Tinderでは新しい機能により、お互いに写真認証済みのメンバーのみを見ることができるようになり、メッセージ送信前にマッチング相手が写真認証を完了するように促す機能が追加されます。しかしながら、後者の機能によって第一印象が大きく変わるので楽しいやり取りになるかどうかは不明です。

Tinder Goldに加入しているメンバーは、「いいね!」ページを写真認証済みメンバーのみにフィルタリングすることができます。

Tinderは、写真認証機能によって、実際にはボットユーザーである偽の人物がマッチング相手として表示されることを防止し、マッチング率を上昇させることが証明されたとしています。18〜25歳のユーザー層には、写真認証を完了することでマッチング確率が10%向上するとTinderは述べています。

写真認証機能は、本日よりTinderの全世界のユーザーに展開されます。カムイングマンス(数カ月の予定)には、「写真認証済みメンバーのみ」にメッセージを制限する機能が追加される予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments