木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【現実世界が大変身!】SnapchatのAR技術がARミラーで実現!

【現実世界が大変身!】SnapchatのAR技術がARミラーで実現!

Snapは本日、ARエンタープライズサービス(ARES)についての最新情報を提供しました。Snapは、自社の技術を自社のウェブサイトやアプリケーションで活用したい企業にARツールと専門知識を提供することに注力する「ショッピングスイート」をパートナー向けに紹介し、ARミラーという新しいオプションがAERSの一部になることを発表しました。ARミラーは、現実世界の物理的なスクリーンにARテクノロジーを取り入れることを目的としており、Coca-Colaなどの小売業者がSnapの製品をテストしています。

ARESの正式発表の際、Snapは「ショッピングスイート」について詳細を説明し、ユーザーが製品を全ての角度から表示したり、体型に基づいた適合性とサイジングの診断を受けることができるなど、ほぼ半分の機能が含まれていることを明らかにしました。Snapによると、ショッピングスイートを使用している顧客には、サングラスの販売業者Goodr、衣料品会社Princess Polly、モンゴルの製造業者Gobi Cashmereなどが含まれます。

Goodrによると、AR Try-Onを使用した顧客の81%がカートに商品を追加しやすく、モバイルデバイスのユーザーのコンバージョン率が67%増加し、ショッピング毎の収益が59%増加したとのことです。

また、本日デモンストレーションされたLive Garment Transferは、小売業者がレンズスタジオに3Dアセットをアップロードできるようにし、リアルタイムで3Dアニメーション付きの衣服がユーザーに適用されるレンズを作成し、特別な資産を必要とせずに、リテールエクスペリエンスを強化するためのツールです。

企業は、フロントエンドダッシュボードやバックエンドインフラストラクチャを介してショッピングスイートソリューションにアクセスし、ARアセットを作成、管理、ARエクスペリエンスを構築、3Dアセットカタログを管理、およびショッピングスイートSDKを実装できます。一方、Snapは、顧客のオンボードとスイートの機能を使用する際のインハウスチームを提供します。

現在、SnapのARESビジネスラインが、本日発表されたAR Mirrorsのローンチを伴ってさらに新しいオプションを追加します。

このオファーは、Snapによれば、物理的なスペースやイベントにAR機能を提供し、実際の世界で遊ぶことを可能にするため、物理的な小売店などでAR体験を提供することを目的としています。Snapによると、Men’s WearhouseやNikeなどの小売業者がAR Mirrorsを店舗で使用しており、Men’s Wearhouseではプロムやウェディングシーズンのショッパーを準備するためにAR Mirrorを使用しています。また、先秋最初のパイロットテスターとなったNikeは、今年後半に店舗でARミラーを靴にテストする予定です。

Snapは、物理的な店舗でARを使用するブランドは、推奨される可能性が82%高く、将来の購入をインスピレーションする可能性が85%高いことを調査で明らかにしています。

Snapは、手のジェスチャーを使用して画面上のコンテンツを制御できるAR有効自動販売機について、Coca-Colaと協力して開発中であることも発表しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments