月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【アフリカのKICKSTARTER!?】気候変動に立ち向かうアフリカのスタートアップをVCが支援!

【アフリカのKICKSTARTER!?】気候変動に立ち向かうアフリカのスタートアップをVCが支援!

気候テクノロジーに関するベンチャーキャピタルの活動が世界的なVCの資金調達の冷却化にもかかわらずアフリカで加熱しています。

先ごろ発表されたデータによると、クリーンエネルギー技術を中心としたエクイティファンド約8.6億ドルが集まり、昨年、マクロ経済的な逆風に晒されながら、3.5倍の成長を遂げ、アフリカの気候テクノロジーにおける最大のファンディング・セクターにファイナンスされた、とされています。このため、気候変動との闘いに専念するスタートアップ企業への投資が今後も続くことが予測されます。

アフリカの気候テクノロジー・スタートアップ企業への投資を担当するパンアフリカン・ベンチャー企業であるノヴァスター社は、先ごろアフリカ向け農業および気候問題の解決をテーマとした「Africa People + Planet Fund」に対し2億ドル以上を調達したと報じられています。同じタイミングで、気候テクノロジーに特化したベンチャーキャピタル企業Equator社は、エネルギー、農業、移動セクターのシードおよびシリーズAスタートアップ企業向けのファンドの初期段階を報告しました。Catalyst Fund社は、気候にフォーカスした新たな3000万ドルの資金でアフリカのスタートアップ企業に投資を開始し、初期段階のCoortのファンディングに用いる予定です。

昨年末に設立された新しいクリーンエネルギー技術企業Satgana社は、アフリカの「プラネット・ポジティブ」スタートアップ企業に最大40%のファンドを割り当てる予定としています。ただし、クリーンエネルギー分野を含め、最近資金調達を行なった気候変動にフォーカスした投資車両には、AAGF(アフリカグリーンファンド)の2回の追加資金調達で調達された2,500万ドル規模の基金、EEGF(Energy Entrepreneurs Growth Fund)社による昨年の1億1000万ドル以上の調達などが挙げられます。

AAGFは、支払い方式による太陽光発電プロバイダーのBBOXXおよびSolariseを含む“気候に優しい”プロジェクトに投資しており、ShellのバックアップによるEEGFファンドは、大陸の家庭やビジネスにクリーンかつ信頼性の高いエネルギーを供給するスタートアップに投資しています。また、Oxfam NovibとGoodwellは、この分野のスタートアップにベンチャーデット向けの新しいファンドをローンチしています。

これだけ多くの新しいファンドが誕生したことから、資本の制限の中でも、エネルギー転換が主導するスタートアップや、気候変動を緩和するソリューションを提供するスタートアップの創業者に専用のファンドが提供されることになると思われます。資金調達のタイミングは今がちょうどよいと期待します。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments