金曜日, 6月 2, 2023
ホーム環境【環境規制の変化で株価急激変動?】EPAの排気ガス規制に投資家が注目

【環境規制の変化で株価急激変動?】EPAの排気ガス規制に投資家が注目

バイデン政権が「米国の電動化」に本気かどうかは疑いようがなかったが、今週の自動車排出ガス規制の発表により、その疑念は一掃され、投資家たちはどこに投資を集中すべきかについての疑念も解消された。

環境保護庁が提案した新しいルールは、2027年から施行され、EVによって支配される新しい車両市場の道を開くことになる。2032年までに、自動車や軽トラックの販売の2/3はゼロエミッションでなければならず、デリバリーバンなどの中型車両の46%、半数のバス、そして重貨物車の4分の1も同様である。規制は技術選択を認めており、グリーン水素車も対象となりますが、実際に売れるのはほとんどがバッテリー駆動車です。

気候への影響は大きくなる。EPAの試算によると、軽量車だけでも、合衆国の炭素排出量の15.5%が削減される。

新しい規制は、バイデンの2021年行政命令で提唱されたものよりも厳格な目標を設定している。行政命令は今後の政権によって簡単に撤回される可能性があり、EPA規制は、一度施行されると撤回するのは難しい。州の検事総長や未来の政権が訴訟を起こしたり、縮小しようとするかもしれないが、手堅く実施された規制を覆すのは非常に困難です。

ここ数年、州や他の国々が近い将来、化石燃料車両を禁止するという行動をとったことにより、EPAは確信を持ったに違いない。2035年までに、汚染物質を排出する軽量車両は、世界中の軽量車両販売の25%を占めるアメリカのいくつかの州や少なくとも20か国で禁止される予定である。(EPAは、そのトレンドに2段落にわたって言及している。)

言い換えれば、自動車メーカーは、EPAが何をしようと準備する必要がある。それなら、EPAが動く前に、今動くべきではないか。それによって、より確実性が高く、成功へのポジションもよくなる。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments