日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【驚愕の音楽ライブラリ拡充!】Snapが新たなライセンス契約締結を発表!

【驚愕の音楽ライブラリ拡充!】Snapが新たなライセンス契約締結を発表!

Snapは、SnapとStoriesで曲の一部を使うことができる「Soundsライブラリ」を拡大するため、複数の音楽レーベルと契約を締結しました。

同社によると、参加レーベルには、米国のUnitedMasters、オランダのBUMA / STEMRA、およびSUISA Digital Licensing AGが含まれます。これには、スイスのSUISA、ラトビアのAKKA / LAA、アルバニアのAlbautor、アルメニアのArmauthor、ギリシャのAutodia、パキスタンのCOMP、エストニアのEAÜ、グルジアのGCA、リトアニアのLATGA、スロバキアのSOZA、ブラジルのAbramus Digital、イタリアのSoundreefなど、多数の直接ライセンス契約出版者を含むIP体系のレパートリーが含まれます。

UnitedMastersに登録したシンガーやソングライターの「選曲」がSoundLibraryに収録される予定であり、BUMA / STEMRAとSUISA Digitalのライブラリーには、地元のアーティストのサウンドが追加される予定です。

スナップのTed Suhグローバルヘッドは、「音楽業界との関係をグローバルに展開しながら、Snapchat Soundsエクスペリエンスを拡大することを楽しみにしています」と述べています。

「より広範な音楽を提供することにより、Snapchattersが音楽を愛して創造的に自己表現をすることを容易にするために、私たちは発掘を可能にすることを目指しています。」

同社は、UnitedMastersと協力して昨年開始した「Sounds Creator Fund」を通じて、新しい才能に1ヶ月あたり最大10万ドル(または月に20曲あたり5,000ドル)を与える奨学金も提供しています。

この基金は、聴衆と「リレバンシー」を確立するために、アーティストにクリエイティブなサポートも提供します。Snapは、Soundプレイリストで人気のあるライセンスされた曲を含めており、プラットフォーム上のビデオクリップで使用することができます。このレーベル契約により、新しいアーティストを含めて20曲に入るための競争が増えることになります。

Snapは、2020年にTikTokが音楽発掘の場になったことに応えて、Soundsプロダクトを初めて発表しました。これまでに、同社はWarner Music Group、Merlin(独立系レーベルメンバーを含む)、NMPA、Universal Music Publishing Group、Warner Chappell Music、Kobalt BMG Music Publishing、Universal Music Groupを含む複数のレーベルと契約を締結しています、9,000以上の独立系音楽出版社とレーベルのコンテンツをライブラリに収録しています。

YouTubeは今年初め、「Creator Music」という新しい音楽ライセンスツールを、米国のすべてのYouTubeパートナーシッププログラム参加者に提供しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments