月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【元Twitter CEOが提訴!】未払い法律費用で企業との法廷闘争に発展か?!

【元Twitter CEOが提訴!】未払い法律費用で企業との法廷闘争に発展か?!

パラグ・アグラワル元CEO、ヴィジャヤ・ガッデ元法務責任者、ネッド・シーガル元CFOを含む元ツイッター従業員らが、同社に対し未払いの法的請求金に対する訴訟を起こした。

デラウエア下級裁判所に提出された訴訟によると、元幹部には、司法省や証券取引委員会に対応するために会社で費やした法的請求に対し1,000万ドル以上の支払いを行わなければならないとされる。

「本訴訟は、引き続き進行中の訴訟と調査に関連する法的費用および経費を支払う義務を負うように被告に速やかに決定するよう求めるものである」と訴訟は述べている。

ドキュメントには、これらの元幹部たちが過去に巻き込まれた多数の法的戦闘と政府の調査が列挙されている。原告たちは何度もツイッターに請求しましたが、返信は受け取っただけだったと訴訟書には記載されている。

訴状によれば、ツイッターは「[従業員との]契約に違反し、社則に反している」として、元従業員に支払いを行っていないとされる。

昨年10月にイーロン・マスク氏がツイッターを引き継いだ後、彼はすぐにアグラワル氏、ガッデ氏、シーガル氏を解雇した。当時、Bloombergは、これらの幹部たちが1億ドル以上の退職パッケージを持っていると報じた。

マスク氏が所有するようになった後、ツイッターは多数の訴訟の対象となった。それには、適切な法的通知なしに解雇された旧従業員および契約社員による訴訟、そして数多くのベンダーによる、未払い請求が含まれる。

ツイッターは、差別主義的な発言を削除せずにいることによって罰金を科せられる可能性があるドイツの法的争いにも巻き込まれている。同国の「ネットワーク執行法」(NetzDG)により、ルールの違反で50 million EURの罰金が科せられる可能性がある。

ガッデ氏を除き、ツイッターは数ヶ月の間に法務責任者をいくつか失っており、ジェームス・ベイカー氏が昨年12月、クリスチャン・ダウエル氏が今月初めに辞任した。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments